こんにちは武田です。

 

今日は、昨日に引き続き永遠の議論テーマ第二弾行ってみましょうか(笑)。というのは冗談ですが、武田のメインのビジネスでもあるせどりについて根本的なお話をしたいと考えています。ズバリせどりに商品知識は必要かどうか?

 

このテーマに対する答えは、色々出て来ると思います。主にブログ等で情報発信されている方が色々な見解を出されていますが、その人の取り組んでいるせどりスタイルによって答えは変わると思います。もちろん武田の見解も、今自分が実践しているせどりスタイルがBESTだと信じていますので、そこをベースにした見解を出します

 

ということで今回の結論は武田の持論になります。ただ今後ずっと継続するなら妥当なスタイルかと思ってますので、もし共感して頂けたら嬉しいです。ではさっそくいつもの結論行きましょう。

 

結論

商品知識が必要なせどりスタイルもあるが、
武田は商品知識を必要としないせどりスタイルをオススメする

となります。

 

このテーマを扱った経緯

このブログで何度か取り扱ってきた話題に、副業初心者がどんなビジネスから始めるべきか?という話題があります。武田はせどりからスタートし、それなりに売上・利益を上げることが出来ている経験から、一貫して最初はせどりというビジネスをオススメしています。以下の記事でも書いてますのでご参考に。

 

>>参考記事:せどり初心者講座。せどりはどうして儲かるの?<<

この記事の中でも、せどりは大きく分けて「目の前の商品を手当たり次第に利益確認する手法」と「コストパフォーマンスの良いプレミア品を狙う手法」の2つあることをご説明して来ました。

 

武田の個人的意見としては、やはり労働対価が大きいスタイル、すなわちコスパの良いプレミア品せどりに取り組んで頂きたいと思っています。ですがそのスタイルに取り組むときに、個々の商品知識が無いまま進めて良いのですか?と偶然複数の方から質問を頂いたので、その質問に答える形でこの記事を書いてみたいと思いました。

 

副業初心者の方が迷いながら武田の推奨するせどりに進むのは大変申し訳ないので、出来るだけ分かりやすくこの結論の根拠を述べて行こうと思います。

 

商品知識が必要なスタイル、不要なスタイルは?

武田の考えるそれぞれのスタイルを述べていきます

①商品知識が必要なスタイルとは

いつものように店舗型せどりのスタイルです、と言うとおもったでしょうか?もちろん店舗型せどりのスタイルもそうですが、更にごく一般的な電脳せどりスタイルも実はこのくくりに含まれます。意外に感じるでしょうか?

 

これらに共通していることは・・・「商品名そのもので利益が出るか判断している」ということです。どういうことかというと、店舗せどりではまずブックオフ、家電量販店等の店舗に出向きます。そこでタイムセール、ワゴンセール等の激安品に着目し実際に手に取ります。そしてその「商品そのもの」をモノレートで調べて利益がでるか確認します。

 

お分かり頂けたでしょうか?その場で見れた、触れた商品が儲かるかどうか調べているのです。ごく一般的な電脳せどりも同じことになります。ネット販売のページで、よくアウトレットやタイムセール等で安くなっている商品に目をつけ「商品名そのもの」をモノレートで調べて利益がでるか確認します。

 

つまり店舗せどりだろうと、一般の電脳せどりだろうと、ネットをつかっているかどうかだけの違いでやっている仕入れ手順は全く同じなんです。手順も同じですし、また商品をひたすら確認するので儲かる商品を探すのに膨大な量の利益確認チェックが伴う「肉体労働」になります。

 

では何故こうしたスタイルに商品知識が必要かというと知識があると「目利き」が出来るからです。いちいちモノレートを見なくても儲かると即座に判断できるから意味があるんです。いわば仕入れのスピードアップ・効率化のために「商品知識が必要」になっています

 

②商品知識が必要ないスタイルとは

一方商品知識が必要のないスタイルもあります。このタイプにも色々ありますが、やはりプレミア品数種類だけの特定商品のみを扱う手法が挙げられます。特定商品のみってどういうこと?と疑問を抱かれる方もいるかもしれません。

 

特定商品とは、例えば自分の雑貨ブランドを立ち上げ、それを中国等で大量生産し日本に輸入してAmazonで自社ブランドとして販売するような事例です。一般人にはかなりハードルが高い手法だと思います。特に本業があり副業でこなすには時間的にも肉体的にもかなりの負荷でちょっと厳しいビジネススタイルですが、自社以外の商品知識は不要です。

 

もう一つ武田がオススメする商品知識が不要なスタイルとは、商品検索手順がシステム化され、いつでもプレミア商品を機械的に大量に抽出できる手法です。もちろん機械的に抽出するので商品知識など一切不要です。目星がついた数個の商品だけをモノレートやオークファンで過去の履歴と照らし合わせて利益が出るかな?とチェックするだけです。

 

本当にそんな都合の良いせどり手法があるの?と言われればあります。現在武田が実践しているせどりインサイダーがまさにそういった「商品知識が不要で、いつでも仕入れられる再現性のあるノウハウ」ですが、詳しい内容をご希望の方は是非以下をご確認下さい。

>>せどりインサイダーレビュー プロせどらー渾身の特典付き<<

 

ではどちらのスタイルを選ぶべきか?

ここまでの話の流れ、結論先出しを読んで頂ければお分かりだと思いますが、武田は「商品知識が不要なせどりスタイル」を猛プッシュします。最終的にそこに行きつくにはいくつか理由がありますが、それは以下のようになります。

 

まず店舗せどり等商品知識が必要なせどりは、常に「有限な限りある商品知識」をベースとしています。肉体が続く限りひたすらモノレートで利益が出るか検索するか、知識を貯め込み貯め込んだだけの有限の知識量で儲かるかどうか判断せざるを得ないせどりスタイルとなっているのです。

 

個人的にはそうした手法も人によってはとても有益だと思っています。武田の場合は、常に副業者目線で良い悪いを判断していますが、たとえばせどりを本業にし、一日に何店舗も回れる環境にある方はこちらのスタイルの方が即金性があって良いかもしれません。

 

ただやはり副業で取り組む方がどちらのせどりスタイルを選ぶべきかとと言われれば、迷いなく「商品知識が不要なせどりスタイル」になります。時間を選ばず、探しに行ったタイミングで必ずプレミア品が見つかるというのは時間の限られた副業実践者には必須だと考えるからです。一応、こうした主張を裏付けするように以前、ぶっつけ本番でブログ記事を書きながら利益商品をその場で探しましたので、参考にぜひご一読を。ちょっと面白いですよ。

 

>>せどりインサイダー 武田特典は月20万の破壊力!その秘密とは?<<

 

最後に

今回はせどりに商品知識は必要かどうかという話題について語ってきました。それぞれの人の立場がありますので、これから副業としてせどりに取り組まれたいという方も、ご自分の生活環境、向き不向きを考えてどちらを選ぶか決めて頂ければと思います。

 

ただ今現在、副業としてせどりを実践している武田個人の感想としてはやはりコストパフォーマンス重視で、商品知識の不要なプレミア品転売に積極的に取り組まれるのが賢いかなと感じています。一応、最後に私が自薦しているノウハウのリンクも貼っておきますので、ビジネスを選ぶ際の参考にしてみて下さい。

 

これまで何度かこのブログでご紹介させて頂いていますが、武田自身は独自メソッドで高利益率を狙えるせどりインサイダーという優良なノウハウに出会い、感銘を受け実践し、自身の実績に基づいて皆様にお勧めしています。


>>せどりインサイダーレビュー プロせどらー特典付
>>せどりインサイダーセールスレター(販売詳細ページ)

 

副業ノウハウ無料プレゼント中!

本日はつたない武田の記事を、最後まで読んで頂きありがとうございました。もしかしたら読んで頂いた方の中には副業初心者の方もいらっしゃるかもしれません。同じ立場のリーマンとして、武田はそんなあなたを最大限バックアップし価値ある情報を提供していきたいと思います。今回は副業初心者の方が「まず10万円の副業軍資金を作る方法」に重きを置き、丁寧に図解入りの無料レポートを2個作成させて頂きました。

・副業月収30万達成の物語
・誰でもできる10万円稼ぐ錬金術

是非お手に取り、副業最初のとっかかりをつまづくことなく、いきなり10万を稼ぎ駆け抜けて頂きたいと思います。大変恐縮ではございますが、プレゼントは武田の「アラフォーリーマンの副業講座」メルマガにご登録頂いた方限定でお渡ししております。これまで武田が大きく稼げるきっかけとなったビジネスや今現在取り組んでいる高利益商品の転売手法についても触れています。是非ご一読下さい。メルマガ登録はこちらです。

最短最速で利益率50%達成「武田式せどり法」

『時間が無い』、『資金が無い』、『それでもお金は稼ぎたい』というあなたに最もマッチしたせどり教材が登場しました。初心者が最短最速で稼げる副業と言えば、真っ先に上がるのがせどりです。

このせどり法には、マルチエイター武田幸士が苦心の末に編み出した、最小の労力で最大の稼ぎを生む究極のプレミアCD&スマホせどりのノウハウが満載です。1万円が2万円に、2万円が4万円と倍々ゲームで収益が増殖する転売術をあなたにご提案します。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事