こんにちは武田です。

 

本日は武田も実践しているせどりインサイダーというノウハウが、多くの参入者によって飽和してしまい、稼げなくなってしまうことはないか検証してみたいと思います。せどりインサイダーは数年前に発売されましたが、そのノウハウの再現性、ロジックの素晴らしさが高く評価されかなり売れているという商材だという認識を持っています。

 

売れているということは同じノウハウを実践している人もかなり多くなっているはずです。今の時点ではこれまで通り稼げていても、実はそのノウハウの構造が、徐々に飽和してしまうようなモデルであったら、数か月後、数年後の稼ぎに非常に不安が出てきます。

 

果たしてせどりインサイダーはライバルの増加で本当に飽和し、稼げなくなってしまうのか検証していこうと思います。武田の収益を左右する重要な課題の議論だと思っています。では、恒例の結論先出し攻撃!行ってみたいと思います(笑)

 

結論

せどりインサイダーのノウハウが飽和することは無い

という結論になります。分かってました?(笑)

 

今回このテーマを扱った理由

武田はせどり+アフィリエイター=せどりエイターとして副業ビジネスを進めておりますが、せどりビジネスで実践しているせどりインサイダーというノウハウは武田のメインの手法であり、もしこのノウハウで稼げなくなった場合、即せどりビジネスの行き詰まりを意味します。

 

もともと武田には副業を続けたい、というより続けなければならない理由があります。プロフィールでも少し触れておりますが、武田は前職でクビ直前の危うい状況を経験しております。終身雇用だ、サラリーマンは安定だなどと言われて会社に入ったものの、会社は不況による業績不振で簡単に部門を切り捨て人を切り捨てます。

 

こうした経験を経て、武田は今は自力で生きる術を少しづつ身に着けています。ですが、万が一せどりインサイダーが全く稼げないノウハウとなってしまったら、武田の副業収入は半減以下となり大打撃を受けます。もしそんな状況で今度こそ会社をクビになったら路頭に迷い生きていけません。

 

また私だけでなく、今このノウハウを実践中の方、あるいはノウハウの優れた再現性や収益性に目をつけこれから取り組みたいという副業初心者の方にとってもこの優れたノウハウを守っていけるかどうかは、かなり重要な課題だと思います。

 

そこで、武田を含めせどりインサイダーを実践する者が、今後ずっと安定的に安心してこのノウハウに取り組み収益を上げていけるのかどうか、本音で本気で検証しようと思い、このテーマを取り上げました。

 

では何故ノウハウは飽和しないと言えるのか?

今日は3つの観点から飽和しない根拠を考えて行こうと思います。市場規模、購入者目線、ノウハウの再現性(ロジック)からの考察を行っていきます。

①Amazon、ヤフオクの市場規模は拡大し続けているから

まず一つ目の根拠が仕入れ場所、そして販売場所でもあるAmazon、ヤフオクの市場規模が右肩上がりで拡大していることです。改めてせどりインサイダーのノウハウを売買面だけについて簡単におさらいしてみると

・ヤフオク、AmazonでプレミアCDを買占め(仕入れ)
・値段を吊り上げ
・そしてヤフオク、Amazonで転売(言い値の高値転売)

 

そうです。せどりインサイダーでは仕入れ先も販売先も「ヤフオク、Amazon」であり、この2つの市場規模、また成長の度合いがノウハウの実践しやすさに直結する構造になっています。ではここで正確な売上・決算のデータを確認してみます。

 

■Amazon Japan
アマゾン日本事業の2016年(2016年1~12月)における売上高(ドルベース)は107億9700万ドル、前期比30.6%増の驚異的な伸び率を記録した。

■ヤフオク
2016年4~12月期(17年3月期第3四半期累計)の決算で「ヤフオク!」が属するオークション関連事業は、取扱高が2421億円と過去最高

 

このデータを見ていただければお分かり頂けるようにAmazon、ヤフオクともにこれまでにないくらい市場規模が拡大し、さらに数年のトレンドを見るととどまることなく更に成長しつづけています。

 

このデータを冷静に分析してみると、売り上げが劇的にあがっているということは購入額が劇的に上がっているということなので「Amazon、ヤフオクが販売先として転売がしやすい状況」になっているということです。また逆に考えると、売り上げが劇的に上がっているということは総じて販売者が増え、市場に商品がどんどん供給されているということつまり「Amazon、ヤフオクが仕入れ先として大量に仕入れがしやすい状況」でもあるということです。

つまり仕入れ先としても、販売先としても拡大傾向なので本ノウハウは更に実践しやすくなります。

 

②プレミアCDが欲しいファン、マニアが常にいるから

これまで音楽のメディアは様々な変遷を経てきました。武田が生まれたころはほぼレコードしかありませんでした。というとやっぱりアラフォーだよね?なんて言われてしまいそうですが(笑)。メディアはそこからカセットができ、CDが出来、MDが出来、いまではMP3等の形式でダウンロード販売が行われています。

 

新しいメディアが生まれる時は決まって必ず同じ議論がなされてきた気がします。古いメディアは無くなって行くのではないか?という議論です。では今現在、実際はどうなっているでしょうか?

 

レコード、カセット、CDも完全に存続しとりわけせどりインサイダーの仕入れ場であるヤフオク、Amazonに溢れかえっています。何故こういうことが起こっているかというと、どんなに時代が変遷しても旧型のメディアを求めるファン、マニアの方が沢山いるからです

 

では現在の情報を確認してましょう。ただいま2017年9月某日のヤフオク状況ですが、カセットテープカテゴリ27258件レコードカテゴリ868995件、CDカテゴリ1951623件の出品があります。これらはダウンロード販売がメインの現代ではすでに旧型のメディアですがこれほどの出品数があります。また大量のこれらのメディアの中の一定数は、必ず定価以上の価値を持つプレミア品が含まれます。

 

何故これだけの出品があるかと言うと、それを欲しがる人がそれだけいるからです。つまり旧型のメディアを欲しがるファン、マニアの方が必ず存在する証明になっているのです。

 

お判りでしょうか?つまり過去においても現在においても、いついかなるタイミングでも必ずプレミアCDを欲しいとするお客様、更に言うとせどりインサイダーのノウハウ通りにこちらが高値で転売しても、購入して下さるお客様が必ずいるということなんです。

 

③ノウハウが飽和しない仕組み(ロジック)だから

例えば店舗せどり、あるいは特定の商品名限定狙いのせどり方法だと、参入者が増えれば増えるほどパイは減りどんどん稼げなくなります。昨今そうした「場当たり的せどり」が廃れつつあるのはそうした事情があるからです。

 

一方せどりインサイダーには特質すべきノウハウの特徴があります。

1.商品を探す手順が機械的で、システマチックであること
2.見つけた商品を仕入れて良いかどうかの明確な基準があること
3.普通のせどりにありがちな、特定の商品名を探す技術ではない
4.検索の度に仕入れ商品が変わり、枯渇することは無い

となります。より具体的なノウハウの内容は下記で参照頂き、こちらでは詳細説明は割愛いたします。

>>参考:せどりインサイダーレビュー プロせどらー渾身の特典付き<<

上記の1.~4.で最も重要なポイントは①、④です。
つまり「機械的にシステマチックに仕入れを行うことができ、更に仕入れ商品自体も検索の度に刷新されいくらでも出て来る」ということです。商品が枯渇することが無い理由は前項②で述べたように、マニアがいる限りプレミアCDは際限なく出品され続けるからです。

 

まとめますとせどりインサイダーのノウハウの独自性ゆえ「機械的にシステマチックに仕入れを行うことができ、更に仕入れ商品自体も検索の度に刷新されいくらでも出て来る」状態であるため、このビジネススタイルが飽和することなどあり得ない、となります。

 

まとめ

武田が現在実践しているせどりインサイダーというノウハウについて、今後飽和し稼げなくなってしまうのではないか?という疑問に対して検証し「飽和はしない」という結論を導き出すことが出来ました。この根拠となっている考え方は以下でした。

 

①Amazon、ヤフオクの市場規模は拡大し続けているから
②プレミアCDが欲しいファン、マニアが常にいるから
③ノウハウが飽和しない仕組み(ロジック)だから

 

いま現在、せどりインサイダーを実践中の方、またこれから初めてこのノウハウに取り組みたいと考えている方も上記の理由を考えれば、納得の結果になったのではないでしょうか?ノウハウ自体の永続性は確保されたところで、改めてビジネスの継続を左右するものを考えてみてください。

 

個人的見解ですが、武田はそれは「モチベーションつまりやる気」だと考えています。ではやる気を上げるにはどうしたら良いのか?それはまず実績をあげ「自分は稼げるんだ!」という絶対的な自信を持つことだと思います。幸いせどりインサイダーは商品を買い占めて高値で売る、という他の陳腐なせどりにない突出した転売ロジックがありますので「真面目にやれば必ず稼げます」。

 

最後に

今回はせどりインサイダーという商材そのものが、飽和せず永続的に稼げるノウハウなのか考えてみました。飽和などしないという結論を導き出せて実践者の私も本当に安心です(笑)。

 

何度かこのブログでご紹介させて頂いていますが、武田自身は独自メソッドで高利益率を狙えるせどりインサイダーという優良なノウハウに出会い、感銘を受け実践し、自身の実績に基づいて皆様にお勧めしています。


>>せどりインサイダーレビュー プロせどらー特典付
>>せどりインサイダーセールスレター(販売詳細ページ)

副業ノウハウ無料プレゼント中!

本日はつたない武田の記事を、最後まで読んで頂きありがとうございました。もしかしたら読んで頂いた方の中には副業初心者の方もいらっしゃるかもしれません。同じ立場のリーマンとして、武田はそんなあなたを最大限バックアップし価値ある情報を提供していきたいと思います。今回は副業初心者の方が「まず10万円の副業軍資金を作る方法」に重きを置き、丁寧に図解入りの無料レポートを2個作成させて頂きました。

・副業月収30万達成の物語
・誰でもできる10万円稼ぐ錬金術

是非お手に取り、副業最初のとっかかりをつまづくことなく、いきなり10万を稼ぎ駆け抜けて頂きたいと思います。大変恐縮ではございますが、プレゼントは武田の「アラフォーリーマンの副業講座」メルマガにご登録頂いた方限定でお渡ししております。これまで武田が大きく稼げるきっかけとなったビジネスや今現在取り組んでいる高利益商品の転売手法についても触れています。是非ご一読下さい。メルマガ登録はこちらです。

最短最速で利益率50%達成「武田式せどり法」

『時間が無い』、『資金が無い』、『それでもお金は稼ぎたい』というあなたに最もマッチしたせどり教材が登場しました。初心者が最短最速で稼げる副業と言えば、真っ先に上がるのがせどりです。

このせどり法には、マルチエイター武田幸士が苦心の末に編み出した、最小の労力で最大の稼ぎを生む究極のプレミアCD&スマホせどりのノウハウが満載です。1万円が2万円に、2万円が4万円と倍々ゲームで収益が増殖する転売術をあなたにご提案します。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事